マカの最適な摂取量

今多くのサプリメントが発売されています。
サプリメントと聞くと、ある程度年齢を重ねた人が健康のために飲むというイメージがあるでしょう。
しかし最近では若い世代の人の需要もとても高くなっています。
食生活のバランスが取れない人が多いため、ビタミンやミネラル成分を摂取している人もいます。
また女性では美容に効果的な成分を摂取している人も多いです。

多くのマカのサプリメントの中で今注目されている成分が、マカです。
マカはペルーのアンデス山脈の高原で栽培されている、カブのような食べ物です。
昼間と夜の気温差が30℃以上あり、高度4000メートルのところでもたくましく育ち続ける植物です。
土に含まれる鉱山の栄養素をたっぷりと吸収して成長していきます。
そのため豊富なミネラルやアミノ酸などを多く含んだ食材として、昔から重宝されています

現地の人は料理の食材として味わうことができますが、マカ自体は国外に輸出できません。
昔から国益としての価値が高く、マカの加工品でなければ国外に輸出できません。
そのため日本ではサプリメントとして摂取することが一般的になっています。

そこでマカを摂取するときに一番ベストな摂取量はどの程度なのでしょうか。
マカは薬ではないため、どのぐらいの量を飲みなさいと決められているわけではありません。
そのため一定の量のなかで自分で調節して摂取しなくてはいけません。

マカの一日の摂取量の目安としては、1500mg~4000mgといわれています。
マカには体の細胞のもととなるアミノ酸や不足しがちなミネラルやビタミンも豊富に含まれています。

健康維持のために摂取する人の場合は、最低限の1500mgから摂取して、体調の変化を観察しましょう。
効果がではじめてきたら、徐々に摂取量を増やしていくと安全です。

マカを摂取する目的が生理不順やEDなど深刻な問題の人もいます。
そんな人にはなるべく早く効果が期待できるように、4000mgに近い摂取量を取り入れてみましょう。
アレルギー体質や常備薬を服用している人は、摂取量を抑えておいた方がいいでしょう。