ホルモンに対してのマカの働き

わたしたちの体は、精神的な負担や日々の生活などの影響を受けて日々変化しています。
また年齢を重ねるごとに、体の細胞が退化してしまう老化現象も進んでしまいます。
中でも体調の変化に大きな影響を与えるのが、ホルモンバランスです。

ホルモンバランスは、年齢とともにホルモンが減少してしまうため崩れやすくなってしまいます。
ホルモンバランスが乱れてしまうと、自律神経の乱れや疲れやすくなるなど、あらゆる悪影響を受けてしまいます。
なのでホルモンバランスを安定させるということを意識しなくてはいけません。

ただしホルモンバランスは、日常の些細なことで崩しやすくなるため注意が必要です。
そこで効果的な成分として注目されているのが、マカです。
マカは男性が飲むサプリメントとして認識している人が多いです。
しかしマカに含まれる栄養素がホルモンバランスにも効果があることがわかり、女性の需要も高まっています

マカは完全食とも言われるほど、アミノ酸、ビタミン、ミネラルまで豊富にバランスよく含まれています。
そのため昔から貴重な食物として大事に扱われてきました。
豊富な栄養素の中でも、私たちの体の基礎となるアミノ酸が豊富に含まれていることが特徴です。
そしてアミノ酸の中でもアルギニンが豊富に含まれているのが特徴です。

アルギニンは成長ホルモンを促す働きがあり、ホルモンバランスを整える効果があります。
このアルギニンは特に男性ホルモンの分泌に大きく関わっています。

男性ホルモンが減少してしまうと、性機能が低下してしまいEDになってしまう人もいます。
アルギニンを豊富に含んだマカを摂取することで、男性機能の改善や向上につながっていきます。
マカは天然の植物なので、薬と違い副作用の心配少ないため安心して摂取することができます。

また女性にとってもホルモンバランスが整うことで、生理痛の緩和や生理の周期を安定につながります。
性別問わずホルモンは年齢とともに減少してしまいます。
積極的に補うことで健康的な体を維持することができます。