マカと原産国

数多くあるサプリメントの中で、男性からの支持が高い成分があります。
それがマカのサプリメントです。
精力増殖の効果が高いことで認識されているサプリメントなので、男性が使用するサプリメントとも思われがちです。

しかし最近では、http://www.illuminated-books.com/1.htmlにも書いてあるように生理不順の解消や更年期障害の症状緩和などの効果があることが注目されています。
なので女性の人でマカを求める人が増えてきています。

そんなマカという植物は、具体的にどのようなものなのでしょうか。
見た目は、とてもカブに似ている植物で、完全食といわれるほど高い栄養素が含まれています。

なぜこれだけの栄養素が含まれているのでしょうか。
それは、栽培されている場所に大きな関係があります。

原産国として、一番有名なのがペルーです。
アンデス山脈にあるボンボン高原で栽培されたマカが最も品質が高いといわれています。
意外に知られていませんが、日本でもごくわずか生産されています。
なので国産のマカのサプリメントを購入することもできます。
しかしペルーのボンボン高原で作られたものよりも栄養素が低いといわれています。

その他の国で作られたものとどのような違いがあるのでしょうか。
それは標高4000メートル以上の高原で栽培されているため、気温差が30℃以上ある厳しい環境の中でも成長しています。
その生命力の強さと、アンデス山脈の土に含まれる豊富なミネラルがより品質が高いマカを作りあげています。
厳しい環境だからこそ、豊富な栄養素を吸収しようとするため、栄養素が豊富なマカが生産されます。

原産国として知られているペルーでは、外貨を獲得するための資源として扱われています。
なので生のマカをそのまま国外に持ち出すことが、国で禁止されています。
日本でサプリメントを作るためには、加工品として処理されたものであれば輸入することができます。
国として国益になる重要な食物として扱われているということが分かります。
ペルーから生マカを輸出できないことから、原産国はペルーといってもいいでしょう。
また、マカの体験談についても参考に合わせてご覧ください。